冷え性の原因について

MENU

冷え性の原因について

女性に多いと言われている冷え性にも、原因はいくつかあります。
多少個人差もありますが、中には体質だから仕方ないと諦めてしまう人もいます。

 

冷え性は病気とは考えられていませんが、慢性的な冷えが様々な病気の引き金になる事もあります。
原因にはいくつかありますが、そのほとんどは改善する事が出来ますので、まずは冷え性の原因をはっきりさせておきましょう。

 

自律神経バランスの乱れや生活習慣と食事が主な原因

 

冷え性の原因にもいろいろありますが、最も多いと言われているのが、自律神経バランスの乱れや生活習慣と食事です。
女性は毎月の生理や閉経、妊娠や出産など自分では気づかないところで、自律神経バランスが乱れてしまいがちです。
自律神経というのは基礎代謝に関係していますので、バランスが崩れると体温調節が上手くいかなくなります。
またホルモンバランスが乱れることで、血流障害や血行不良を起こしやすいので手足など末端部分に血液が行き届かず、常に冷えた状態になります。

 

その他にも女性にありがちな原因とは・・・

 

女性はただでさえ冷えやすい条件が揃っているのです。
ここにストレス、喫煙、無茶なダイエットによる栄養不足、おしゃれのために薄着をする、ハイヒールや体を締め付ける下着の着用など、血行不良になりやすい原因が加わるので多くお女性が冷え性に悩まされています。
ただし冷え性になる原因がわかっているなら、可能な範囲でそれを改善する事もできます。
単なる体の冷えも放置していれば、やがて思わぬ病気の原因となる可能性もあるので、冷え性の改善を意識していきましょう。